メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017仙台市長選

候補の主張集めて 共感できる人に投票を 東北大・河村准教授に聞く /宮城

 9日に告示された仙台市長選には新人4人が立候補し、各地で激しい舌戦を繰り広げている。告示約1カ月前に候補者が出そろうなど、短期決戦となった今回の市長選。東日本大震災からの復興後を見据えたまちづくりや、市立中学生の自殺問題など課題が山積する中で、有権者は何を基準に判断すればいいのか。地方選挙を研究している東北大の河村和徳准教授(政治学)に聞いた。【聞き手・川口裕之】

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです