メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まついえつこさん

那珂出身の歌手、エレキ琵琶で郷土愛歌う 市民の歌も編曲「茨城の魅力気づいて」 /茨城

エレキ琵琶を鳴らすまついえつこさん=那珂市瓜連で

 「すい、すい、すい、すい、すい…僕の恋(ハート)は水郡線」。那珂市出身の歌手、まついえつこさん(35)は、エレキ仕様にしたオリジナルの薩摩琵琶(びわ)をアップテンポにかき鳴らし、茨城の風景を織り交ぜた歌詞を張りのある声で歌い上げる。「よそに行くと、茨城の良さに気付く」と郷土の魅力を伝え続ける。【杉沢京香】

 まついさんは4歳からピアノ、7歳からバイオリンを始め、常に音楽が身近にあったという。県立佐和高校(ひたちなか市)に通っていた17歳のときには、当時あったワイドショーの人気コーナー「女ののど自慢」のオーディションに参加して合格した。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです