メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/168 ライオン/30 /東京

 ライオン舎の建て替えやサファリ橋の架け替え工事を終えた1993年4月、多摩動物公園はライオン園をリニューアルオープンした。ノブナガら3兄弟とミチオら年長の4頭、雌のアユとトロピカルも来園者の前に戻ってきた。

 雄ライオンの全盛期は4~6歳。雌をめぐる闘争を生き抜いたミチオをはじめ11~15歳の雄たちは、若い雄とうまく共存していた。

 ところが、11歳のショウジは一歩も引かない。6歳のノブナガらと雌をめぐって争い、気迫のこもった態度でアユとトロピカルを独占することさえあった。新しいサファリ橋から観察していた来園者から「おじいちゃん頑張れ!」と声援を送られた。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです