メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対談

開港時と今、神戸めぐる 鳥瞰図絵師・青山さんら 中央区 /兵庫

150年前を描いた鳥瞰図をたどりながら話す青山大介さん(中央)と神木哲男・神戸大名誉教授=神戸市中央区で、木田智佳子撮影

 神戸開港150年目にちなみ「港町神戸 今昔鳥瞰(ちょうかん)図2017&1868」を出した鳥瞰図絵師、青山大介さんと、監修した神木哲男・神戸大名誉教授の対談「鳥瞰図を歩く-150年前の神戸めぐり」がこのほど、神戸市中央区元町通4のこうべまちづくり会館であった。約90人が2人の軽妙なトークに聞き入った。

 版元の出版社「くとうてん」が主催。「大ちゃんと哲ちゃんです」と紹介された2人はそろいの蝶ネクタイ姿で、終始和やかな雰囲気。開港時の神戸港周辺の鳥瞰図にある埋め立て前の旧生田川、生田神社と参道、西国街道などを、現在と対比させながら話を進めた。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 日本航空「Ladies and Gentlemen」廃止 性的マイノリティー配慮

  4. 新型コロナ 集団感染、非難殺到のフィリピンパブ 「対策お墨付き」に困惑 都、ステッカー剥奪→返却

  5. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです