メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

作られた逆転劇 /奈良

早朝まで続いた奈良市長選の開票作業=奈良市のならでんアリーナで、数野智史撮影

 9日に投票があった奈良市長選の開票結果には驚きました。何しろ、当選した仲川げん市長と、次点だった前生駒市長の山下真(まこと)さんの得票差が2022票しかなかったのです。投票者数は15万5000人あまり。得票率の差はわずか1%ほどだったことになります。

 さて、そんな2人の熱戦に水を差したのは、開票所での混乱でしょう。あの夜、私は支局のデスクに陣取り、開票所詰めの記者との間で時々刻々、電話やメールで情報をやりとりしつつ、得票データをパソコンでグラフ化しながら見守っていました。

 午後10時半の最初の開票速報では、2人の得票は2000票ずつ。まあ、肩慣らしのようなものです。しか…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1397文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです