メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

大空高く 母鳥誤射の4羽を放鳥 兵庫で成長、雲南に歓声 /島根

放鳥されたコウノトリ=島根県雲南市で2017年7月12日午前、久保玲撮影

 雲南市で5月、地元ハンターの誤射で母鳥を失った国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園での人工飼育で無事成長し、雲南市教委が12日、生まれた巣から近い水田で放鳥した。4羽は次々に大空に羽ばたき、住民らから歓声が上がった。【山田英之】

 4羽の体重は保護された時には2・6~3キロだったが、郷公園でドジョウなどを4羽で1日計約4キロ食べ、現在は3・6~4・4キロまで増えた。体高も6月末で約1・1メートルと成鳥並みに大きくなった。

 放鳥式典では主催者を代表して速水雄一市長が「コウノトリがすむのにふさわしい環境づくりに努めなくてはならない」と決意を語った。来賓の山岸哲・郷公園長は「幸せを運ぶといわれるコウノトリが、来年もこの地で繁殖することを心からお祈りします」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです