メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

原爆資料館寄贈資料から 赤ん坊、焦土で取り上げ 8月6日の助産記すノート /広島

益田さんの80歳のころの写真を手にする三男・遙さん=広島市西区で、山田尚弘撮影

 「男の子よー!」。1945年8月6日夜。原爆投下で燃えさかる市街地の炎が薄闇を覆う中、小さな産声が響いた。やけどやけがを負った被爆者らは、みな自分の境遇を忘れて手をたたき、大きな歓声を上げたという。

 声の主は、80歳まで現役で働き、9000人以上の出産に立ち会った福島町(現西区)の助産師、益田小〓(こえん)さん(98年に93歳で死去)。益田さんは6日も朝から往診の予定があり、爆心地から約1・9キロの己斐橋を渡っている最中に被爆した。

 益田さんの三男、遙さん(83)=西区=の話や過去のインタビュー記事によると、猛烈な熱風が背後から襲…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです