メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器禁止条約

「核抑止力が平和維持寄与」 ウッド米軍縮大使、実効性に疑問

 【ウィーン三木幸治】核兵器禁止条約が国連本部で採択されたことを受け、条約に反対する米国のロバート・ウッド軍縮大使が11日、毎日新聞の電話取材に応じた。ウッド氏は「核兵器禁止条約の参加国が北朝鮮の核兵器や弾道ミサイルを防ぐ答えを持っていない」と述べ、条約の実効性に疑問を呈した。そのうえで「核抑止力こそが長年にわたって欧州やアジアの平和と安全を維持してきた」と訴え、現状での核保有の正当性を強調した。

 ウッド氏は▽条約に核保有国が参加しておらず、核軍縮を一歩も進めることができない▽核兵器廃棄などの検…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文733文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです