メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LINE

捜査への履歴提供 「通信の秘密」と犯罪捜査のはざま

 無料通信アプリのLINE(ライン)は、利用者の通信履歴などの捜査機関への提供状況を初めて公表した。2016年7~12月に9カ国・地域の捜査機関の要請に、58%にあたる997件の提供に応じたとし、裁判所の令状の有無など判断基準も明らかにした。国内通信事業者が捜査協力件数を詳細に明らかにするのは初めてとみられる。通信履歴が犯罪捜査に威力を発揮する中で、憲法が保護する「通信の秘密」との兼ね合いが問われそうだ。【尾村洋介】

この記事は有料記事です。

残り2061文字(全文2271文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです