メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

大宮浩一さん=夜間保育園の実態を描く映画監督

 夜間保育の現場を描くドキュメンタリー映画「夜間もやってる保育園」(9月下旬公開予定)を撮った。沖縄から北海道まで五つの園を取材。さまざまな事情を抱えながら懸命に生きる親子と保育士らの姿をとらえた。

 きっかけは東京都新宿区大久保にある24時間の認可保育園「エイビイシイ保育園」の園長からの手紙だった。「夜間保育はもっと必要。映画で現状を伝えてほしい」。だが、夜間保育についての知識はなく、ためらった。何度か園を訪ねるうちに、天真らんまんに遊ぶ子どもたちの夜の過ごし方を知りたくなった。

 取材に入って目の当たりにしたのは、昼間は動きまわっている子どもたちが、夜になると規則正しく眠ること。映画には、昼は会社員、夜は料理屋でダブルワークするタイ人の父親、残業も多い官庁職員の母親、バーを経営するシングルマザーなど、さまざまな保護者が登場する。夜間保育が親子共に欠かせない存在になっていると実感した。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです