メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

全国初、子ども用白杖 軽量・伸縮自在、買い替え不要に

点字ブロックの上で子ども専用白杖の使い心地を確認する県松本盲学校の平林太一さん=長野市の県庁で10日

 長野県小諸市のスキー用ストックなどの製造販売会社「キザキ」が、子どもの視覚障害者専用の「白杖(はくじょう)」を開発した。これまでは、大人用の白杖を切って使うしかなく、重かったり、成長とともに買い替える必要があったりと、本人や家族の負担が大きかった。子ども専用の白杖は全国初とみられ、木崎秀臣社長は「使いやすい白杖なら安全性も高まるし、行動範囲も広がるのでは」と期待している。

 開発のきっかけは約3年前、木崎社長が「子ども用の白杖がない」と聞いたことだった。「スキーのストックは子どもや女性用もあるのに、子ども専用の白杖がないというのは不思議でした」

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです