特集

沖縄戦

「鉄の暴風」が吹き荒れた沖縄戦から76年。約3カ月に及んだ地上戦は住民を巻き込み、日米合わせて計約20万人が犠牲となった。

特集一覧

沖縄戦

遺骨DNA鑑定を厚労省に申請 住民遺族ら135人が初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄戦で亡くなった住民ら犠牲者の遺族135人が12日、厚生労働省に遺骨のDNA鑑定の実施を求め、集団申請を行った。鑑定はこれまで軍人・軍属の遺族に事実上限られていたが、厚労省が今年、戦闘に巻き込まれた住民にも初めて対象を広げた。今月中にも正式に申請を受け付ける。

 厚労省はDNA鑑定だけでは身元特定が難しいとして、これまで身元特定につながる遺品や埋葬者名簿がある遺骨に限って、鑑定を行ってきた。沖縄県では軍人・軍属の4人しか身元判明していない。

 遺族は高齢化しており、遺骨の身元特定を急ぐため、厚労省は方針転換し、遺品がなくても住民などの遺族からの申請を受け付けることを決めた。那覇市など県内10地域で見つかった遺骨84人分について遺族と照合する。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文622文字)

【沖縄戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集