メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

住宅難が深刻化 中国富裕層、投資目的で購入

約9平方メートルの李さん宅。玄関を入ると小さな机で食事をしていた=香港・葵涌地区で2017年6月28日、福岡静哉撮影

 香港で住宅難が深刻化している。香港メディアによると、主に中国本土の富裕層が投資目的で不動産を購入し、マンション価格が高騰し続けているためだ。普通の広さの部屋では家賃を払えず、乗用車の駐車スペース程度しかない狭い住宅に移る人が急増。こうした部屋に暮らす人は20万人以上いるという。

 香港郊外・葵涌地区にある築40年超の15階建てマンション。最上階に上がると広さ5~10平方メートルほどの4部屋が並び、手狭な共…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  4. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

  5. 沢尻容疑者逮捕 大河ドラマ出演予定のNHK「対応検討中」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです