タクシー運転手

「強盗」にステーキおごり諭す 男自首

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タクシー内での男とのやり取りを説明する藤原和美さん=兵庫県明石市で、待鳥航志撮影
タクシー内での男とのやり取りを説明する藤原和美さん=兵庫県明石市で、待鳥航志撮影

 兵庫県姫路市で3月、タクシー運転手から金を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂罪に問われた無職の男(25)の判決が14日、神戸地裁姫路支部で言い渡される。タクシー内で男は被害者の藤原和美さん(66)=同県明石市=から恐喝をやめるよう諭され、食事もごちそうになるうちに藤原さんの人情に心を打たれ、改心して自首していた。藤原さんは「これからが大事。強い心で社会復帰してほしい」と願っている。【原田悠自、待鳥航志】

 藤原さんは3月19日未明、姫路市の路上に車を止め、明石市から乗せた男に運賃約1万4000円を請求した。だが男は突然、髪をつかんで刃物のようなものを突き付け、「金を出せ」と脅してきた。藤原さんは「こんなことするな」と一喝。「悪いことをしているのが分かるか」と諭すと、興奮していた男は徐々に落ち着きを取り戻し、観念して身の上を話し始めた。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文812文字)

あわせて読みたい

ニュース特集