メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メイン施設閉園へ 1976年開園

メイン施設が閉園する「みんなのハワイアンズ」=静岡県伊豆の国市で

 静岡県伊豆の国市田京の観光施設「みんなのハワイアンズ」のメイン施設が8月末で閉園となることが決まった。施設を運営する「時之栖(ときのすみか)」(庄司政史社長)は既に従業員や取引先に伝えている。佐藤泰弘支配人は「地元に愛される施設として頑張ってきたので残念。ショーは終了するが、レストランはブランドを変えて継続させるので利用してほしい」と話した。

 施設の目玉の地元出身の専属ダンサー「伊豆の踊り子・ロコガールズ」らによるポリネシアンショーは8月31日が最後のステージとなる。サボテンや食虫植物などを展示する熱帯温室植物園は既に6月上旬から無料開放している。無料開放は当面続けるが、その後の方針は未定。

 一方、レストランは時之栖の100%子会社の御殿場高原ビールが経営を引き継ぎ、営業を続ける。伊豆の国ビールの生産も続ける。従業員83人は配置転換などで継続して雇用する方針としている。

 みんなのハワイアンズは、1976年に「伊豆洋らんパーク」として開園。2009年に時之栖が買収し、その後名称を変更した。洋らんパーク以来の植物園と、13年開始のポリネシアンショーが呼び物だったが、植物園の維持管理費などがかさみ、赤字だったという。【石川宏】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い
  2. 憲法ルネサンス 最低賃金 なくせ貧困、不幸比べ
  3. 加計問題 「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査
  4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
  5. 加計問題 潔白、証明できず/集団無責任体制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]