メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨

農作物に深刻被害、山本農相に支援要請

大量に流れ込んだ土砂に埋もれたビニールハウス=福岡県朝倉市杷木志波で2017年7月11日、矢頭智剛撮影

 九州北部豪雨で被災地の農作物に深刻な被害が出ている。果樹を植えた山が崩落したり、ビニールハウスに土砂が流れ込んだりしており、日本3大林業地の一つと呼ばれる大分県日田市でも多くの杉が流された。農家からは「大打撃で収穫は望めない」などと悲痛な声が上がる。2012年の九州北部豪雨を上回る被害も見込まれ、地元農協は被災地を視察した山本有二農相に全面的な支援を要請した。

 柿やナシなどの果実や博多万能ネギ、コメの産地として知られる福岡県朝倉市。JA筑前あさくらによると管…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです