特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨

農作物に深刻被害、山本農相に支援要請

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大量に流れ込んだ土砂に埋もれたビニールハウス=福岡県朝倉市杷木志波で2017年7月11日、矢頭智剛撮影
大量に流れ込んだ土砂に埋もれたビニールハウス=福岡県朝倉市杷木志波で2017年7月11日、矢頭智剛撮影

 九州北部豪雨で被災地の農作物に深刻な被害が出ている。果樹を植えた山が崩落したり、ビニールハウスに土砂が流れ込んだりしており、日本3大林業地の一つと呼ばれる大分県日田市でも多くの杉が流された。農家からは「大打撃で収穫は望めない」などと悲痛な声が上がる。2012年の九州北部豪雨を上回る被害も見込まれ、地元農協は被災地を視察した山本有二農相に全面的な支援を要請した。

 柿やナシなどの果実や博多万能ネギ、コメの産地として知られる福岡県朝倉市。JA筑前あさくらによると管内の農業被害額は12日現在、野菜や水稲などで約7億円に達するが、柿などの果樹被害は含まれていない。担当者は「土砂崩れで立ち入れない地域も多く、被害の全容がつかめない。果樹被害が判明すれば現時点の被害額の比ではないだろう」と話す。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1210文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集