メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンクロ

恩師譲りの厳しさで指導 宮川コーチ

世界選手権に向け指導に熱が入る宮川美哉コーチ=大阪府門真市で村上正撮影

 【ブダペスト村上正】シンクロナイズドスイミングの日本代表が14日にブダペストで開幕する水泳の世界選手権に挑む。昨夏のリオデジャネイロ五輪後、新メンバー6人を加えた日本代表を率いる名伯楽の井村雅代ヘッドコーチ(66)の右腕として指導に当たっているのが、五輪3大会連続でメダルを獲得した宮川(旧姓・立花)美哉コーチ(42)だ。「世界を知らない選手が多く、伝えていくことばかり」と指導に力が入る。

 「そんなんやったら減点されるで」「体が前に入りすぎている」--。世界選手権を前に大阪府門真市であった公開練習。宮川コーチは音楽を細かく止め、マイクを片手に身ぶり手ぶりを交え選手らに声をかける。井村ヘッドコーチがプールの反対側でデュエットの指導をする際は、他の選手を任されている。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです