メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンクロ

恩師譲りの厳しさで指導 宮川コーチ

世界選手権に向け指導に熱が入る宮川美哉コーチ=大阪府門真市で村上正撮影

 【ブダペスト村上正】シンクロナイズドスイミングの日本代表が14日にブダペストで開幕する水泳の世界選手権に挑む。昨夏のリオデジャネイロ五輪後、新メンバー6人を加えた日本代表を率いる名伯楽の井村雅代ヘッドコーチ(66)の右腕として指導に当たっているのが、五輪3大会連続でメダルを獲得した宮川(旧姓・立花)美哉コーチ(42)だ。「世界を知らない選手が多く、伝えていくことばかり」と指導に力が入る。

 「そんなんやったら減点されるで」「体が前に入りすぎている」--。世界選手権を前に大阪府門真市であっ…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです