メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

米上級裁審問 売却差し止めの可能性も

 米カリフォルニア州の上級裁判所は11日、東芝が半導体メモリー事業の売却を巡って対立する協業先の米半導体大手ウエスタン・デジタル(WD)への情報遮断解除を命じる仮処分を出した。14日にはWDが同上級裁に起こした売却差し止めの仮処分請求の審問が開かれる。

 今回の決定を受け、14日の審問も東芝に厳しい結果が出るとの見方が出ている。米国の法制度に詳しい瓜生・糸賀法律事務所の早川吉尚弁護士は「上級裁の決定に影響力があることが示された」としたうえで「今回WDの主張が認められたことで14日の審問でも差し止めの仮処分が命じられる可能性が高まった」と指摘する。

 ただ、東芝は11日の取引銀行との会合で、「上級裁の決定は手続きに影響しない」との認識を表明。14日…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです