メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋港

有毒アカカミアリ58匹発見 作業員刺される

中南米が原産 ヒアリと同じ赤茶色、ヒアリより毒性は弱く

 環境省などは12日、名古屋港・飛島ふ頭(愛知県飛島村)に運ばれたコンテナから毒を持つ特定外来生物「アカカミアリ」58匹が見つかり、コンテナの陸揚げ作業をしていた30代の男性作業員が刺されたと発表した。作業員は患部が腫れたものの、健康上の問題はないという。

 愛知県によると、9日午後6時45分ごろ、男性作業員がコンテナ外部にいたアカカミアリに両手首を数カ所刺されたという。アリはすぐに殺虫剤で駆除され、中部地方環境事務所に提出された。コンテナは7月1日にフィリピン・マニラ港で積み込まれ、韓国・釜山、大阪を経由し、9日に名古屋港に到着していた。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです