メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨

地盤工学の専門家が緊急報告会 名古屋で

 九州北部豪雨の被災地を現地調査した地盤工学の専門家による調査団が12日、名古屋市で緊急報告会を開いた。調査団は九州大の安福規之教授を団長に8~9日、河川やため池、道路の様子や土砂崩れ現場などを調べた。

 報告によると、九州北部は2012年にも豪雨災害が発生したが、今回はより短時間に雨量が集中したことによる被害が目立った。中でも甚大な被害を引き起こしたのが、ため池を決壊させ、集落に押し寄せた土砂や流木。「真砂土…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです