メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨

地盤工学の専門家が緊急報告会 名古屋で

 九州北部豪雨の被災地を現地調査した地盤工学の専門家による調査団が12日、名古屋市で緊急報告会を開いた。調査団は九州大の安福規之教授を団長に8~9日、河川やため池、道路の様子や土砂崩れ現場などを調べた。

 報告によると、九州北部は2012年にも豪雨災害が発生したが、今回はより短時間に雨量が集中したことによる被害が目立った。中でも甚大な被害を引き起こしたのが、ため池を決壊させ、集落に押し寄せた土砂や流木。「真砂土…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです