メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

クエリーがマリー降し4強

 【ウィンブルドン前本麻有】テニスのウィンブルドン選手権第9日は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で前回8強のサム・クエリー(米国)が3-6、6-4、6-7、6-1、6-1で昨年覇者で世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)を降した。

 4年連続8強のマリン・チリッチ(クロアチア)は3-6、7-6、7-5、5-7、6-1で4回戦でラファエル・ナダル(スペイン)を破ったジレ・ミュラー(ルクセンブルク)に…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです