メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

彼女の人生は間違いじゃない 被災者の心情映し出す

 東日本大震災の発生後、雑誌で「被災地の女性たちが東京の風俗に流れてきている」という記事を読んだ。また、新聞で「仮設住宅で暮らす男性の中にはアルコール依存症に陥る人もいる」という記事も読んだが、いずれもどこかに立ち消えた。人はそんなに完璧でも単純でもない。今作では、福島出身の廣木隆一監督が被災地でもがきながら生きる人々を静かなタッチで等身大に描いている。

 福島の仮設住宅に暮らすみゆき(瀧内公美)と父の修(光石研)。みゆきは平日は市役所に勤めているが、週末になると高速バスで東京に行き、デリヘルで働く。一方、修は震災で妻を失い、水田が汚染されて農業もできない空(むな)しさから、酒を飲み、保証金をパチンコに注ぎ込む日々。空疎な生活を送るみゆきだが、元カレの山本(篠原篤)との再会や、デリヘルで用心棒を務める三浦(高良健吾)との触れ合いの中で、少しずつ心が…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです