メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故

6カ所で多発 北区「富田交差点」最悪13件 県警・昨年 /岡山

人身事故の発生件数が岡山県内ワースト1位になった富田交差点付近=岡山市北区十日市西町で、高橋祐貴撮影

 県警は、2016年の交通事故が多く発生した地点をまとめた。人身事故が10件以上発生した「交通事故多発地点」は6カ所で前年から半減したものの、うち5カ所は前年が10件未満の地点だった。国道30号と市道が交差する「富田交差点」(北区十日市西町)付近が前年比9件増の13件で、初のワースト1位となった。

 県警によると、16年に交通事故多発地点で起きた人身事故は64件で、前年の141件から半分以下に減少した。事故防止を啓発する看板の設置や、危険箇所を分かりやすく表示するカラー舗装などの効果が表れたとみている。

 最多地点の富田交差点付近で起きた13件のうち6件が追突事故。左折する際に横断中の自転車と衝突する事…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 新型肺炎 武漢へのチャーター機派遣延期

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです