フィッシングエリア

庄原の国兼池に 外来魚の駆除兼ね /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
デモンストレーションでオオクチバスを釣る職員=広島県庄原市の国営備北丘陵公園の国兼池で、岡本幸信撮影
デモンストレーションでオオクチバスを釣る職員=広島県庄原市の国営備北丘陵公園の国兼池で、岡本幸信撮影

 庄原市の国営備北丘陵公園内にある県内最大のため池「国兼池」(約28ヘクタール)で、15日から「フィッシングエリア」が開設される。

 国兼池はコイやヘラブナのほか、オオクチバスやブルーギルなどの特定外来魚が生息。その駆除を兼ねて釣りを楽しめる場所を作ろうと、同公園北入り口そばの池の周囲約100メートルを「フィッシングエリア」にし、ルア…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

注目の特集