メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第60回芦辺七夕展

きょう開幕 幅広い書風 刺激受けて /広島

作品を展示する芦辺書苑の役員ら=広島県福山市船町で、藤田祐子撮影

 第60回芦辺七夕展(芦辺書苑主催、毎日新聞福山支局、県教委、福山・府中・尾道・三原各市教委など後援)の開幕を14日に控え、会場のウエスギリボン店(福山市船町)に13日、作品が搬入された。芦辺書苑(高橋高郷会長)の担当者らが、入賞作品などを1点1点飾りつけた。

 幼稚園児から87歳まで、毛筆3452点、硬筆3164点の計6616点の応募があった。会場には特別賞303点、奨励賞461点が壁いっぱいに貼り出されたほか、すべての応募作品が陳列された。審査委員長の槇本緑水さんは「ぜひ、幅広い書風の作品を見に来て、刺激を受けてほしい」と話していた。

 展示は14~16日の午前10時~午後6時(16日は同5時まで)、入場無料。【藤田祐子】

この記事は有料記事です。

残り2531文字(全文2846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです