メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

就任半年 政権発足後、国際信用は急落 欧州、下げ幅大きく 37カ国調査

 米調査機関「ピュー・リサーチ・センター」が37カ国で実施した世論調査によると、国際問題に対するトランプ氏の行動を「信頼できる」と回答したのは平均22%にとどまり、昨年のオバマ大統領(在任2009~17年)の64%から大幅に下落した。オバマ氏はブッシュ元大統領(同01~09年)と比べて信頼度を改善させており、ピュー社は「現在は8年前と正反対の現象が起きている」と分析する。

 ピュー社の調査は米国以外に住む市民約4万人を対象に2~5月に実施。信頼度の落ち込みが特に激しかった…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです