メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

就任半年 白人労働者、熱狂今も

昨年のトランプ支持集会の写真を見せるシャロン・リッチさん=米オハイオ州アシュタビューラ郡で5日、長野宏美撮影

 トランプ米大統領が就任してから20日で半年を迎える。公約実現がままならない中、「忘れられた人々を守る」と誓ったトランプ氏に熱狂し、大統領選勝利を後押ししたラストベルト(さび付いた工業地帯)の白人労働者たちは今、どう感じているのか。【アシュタビューラ郡(米中西部オハイオ州)で長野宏美】

雇用創出を重視

 カナダとの国境にあるエリー湖に注ぐ川に、ジェットコースター施設のようなレールが架かる。石炭を運搬するためのものだ。

 石炭の積み出し港として栄えたオハイオ州北東部アシュタビューラ郡。だが石炭需要が減ったため、運搬施設…

この記事は有料記事です。

残り2139文字(全文2397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです