メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

就任半年 白人労働者、熱狂今も

昨年のトランプ支持集会の写真を見せるシャロン・リッチさん=米オハイオ州アシュタビューラ郡で5日、長野宏美撮影

 トランプ米大統領が就任してから20日で半年を迎える。公約実現がままならない中、「忘れられた人々を守る」と誓ったトランプ氏に熱狂し、大統領選勝利を後押ししたラストベルト(さび付いた工業地帯)の白人労働者たちは今、どう感じているのか。【アシュタビューラ郡(米中西部オハイオ州)で長野宏美】

雇用創出を重視

 カナダとの国境にあるエリー湖に注ぐ川に、ジェットコースター施設のようなレールが架かる。石炭を運搬するためのものだ。

 石炭の積み出し港として栄えたオハイオ州北東部アシュタビューラ郡。だが石炭需要が減ったため、運搬施設は昨年から休止された。

この記事は有料記事です。

残り2128文字(全文2397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです