メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決
米国

FTA条項駆使 韓国に再交渉正式要求

 【ワシントン清水憲司】米通商代表部(USTR)は12日、韓国政府に自由貿易協定(FTA)の再交渉を正式に要求した。韓国は難色を示すが、米国はFTAの条項を駆使して両政府の会合を8月中に開き、再交渉に持ち込む構え。自動車や農産物など韓国の市場開放が焦点になりそうだ。

 米韓FTAは6月末の首脳会談で、トランプ大統領が「貿易赤字を容認しておけない。まず韓国から始める」として一方的に再交渉を宣言。韓国は会談後、「再交渉に合意した事実はない」との声明を出し、食い違いが鮮明になっていた。

 ライトハイザーUSTR代表は12日付の書簡で「両国間の貿易不均衡に対処する」として貿易赤字削減に意欲を表明。一方、聯合ニュースによると、韓国政府は「共同で調査、分析、評価し、FTAが貿易不均衡の原因かどうかを検証すべきだ」として、再交渉開始に慎重な姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです