川村隆・東電HD会長

「稼ぐ」意識改革 福島第2廃炉、是非示さず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力ホールディングス(HD)の川村隆会長は13日、毎日新聞などのインタビューに応じ、「(現在の東電社員には)きちんと稼いでいくという迫力がない。(福島第1原発事故の処理費用を賄うためにも)稼ぐ意識は大事な要素だ」と述べた。東電が事故の賠償や廃炉、除染などで想定されている費用(約21・5兆円)の大半を賄わなければならない中、収益向上へ社員の抜本的な意識改革に取り組む考えを強調したもの。

 地元から強い要請が出ている福島第2原発の廃炉については「なるべく早く(判断したい)」と語ったが、廃炉の是非には踏み込まなかった。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文659文字)

あわせて読みたい

ニュース特集