メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ある中学生の夕食は皿うどんとクリームパン(小5個)、梨という不思議な取り合わせ=長谷川智子教授提供

 朝食はサプリメントとペットボトル入り紅茶、昼食は菓子とゼリー飲料のみ--。大正大の長谷川智子教授(発達心理学)が、若者たちに1日の食事を撮影してもらったところ、写真からは食生活の変化の実態が浮かんだ。食事の風景から見えるものは--。

 ●刺し身にイチゴ牛乳

 調査は2007~08年、長谷川教授が埼玉県内の市立中学生20人(男女各10人)と東京都内の私立大生20人(同)を対象に実施。結果は今年3月、心理学や社会学などの研究者の分析結果とともに「若者たちの食卓」(ナカニシヤ出版)にまとめ、出版した。

 「『食』は健康や栄養の側面から語られることが多いが、生理的なものから社会的、文化的なものまで多重性…

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文2074文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです