ヒアリ

卵や幼虫も発見 女王も存在か 東京港コンテナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 環境省は13日、東京港で陸揚げされ、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が100匹超確認されたコンテナを詳しく調べた結果、新たに100匹超の働きアリと、卵や幼虫、さなぎを発見したと明らかにした。女王アリも存在するとみて調べている。

 新たに見つかったヒアリは主に、コンテナ内部の木の床板で湿気を帯びた部分に潜んでいた。周辺の屋外でも10匹程度を発見。環境省はコンテ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

あわせて読みたい

ニュース特集