メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界水泳

シンクロ、風にも負けず…屋外仮設しっかり対応

シンクロナイズドスイミングが行われる屋外会場=村上正撮影

14日ブダペストで開幕

 【ブダペスト村上正】14日に当地で開幕する水泳の世界選手権。初日から始まるシンクロナイズドスイミングに出場する日本勢にとって難敵が現れた。市街地にほど近い公園内に設けられた屋外会場であった前日練習は強風が吹き抜け、選手たちを悩ませた。2020年東京五輪に向け、新体制で挑む初の大舞台で自然を味方に付けられるか、大きな鍵になりそうだ。

 会場は市街地から北東約3キロ先にある市民公園内の仮設プール。広大な敷地内には樹木が生い茂り、観光スポットの英雄広場もあり、普段は市民らの憩いの場となっている。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです