メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死去61歳 中国の民主活動家、ノーベル平和賞

劉暁波氏=AP

 【瀋陽(中国遼寧省)林哲平】中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏が13日午後5時35分(日本時間同6時35分)、多臓器不全のため、遼寧省瀋陽の病院で死去した。61歳だった。瀋陽市司法局が発表した。劉氏は、中国共産党の独裁を批判し、自由や民主の尊重を求める2008年12月発表の宣言文「08憲章」の起案を主導した。劉氏は国外での治療を希望していただけに、許可しなかった中国政府は国際社会の批判に直面している。

 1955年、中国吉林省生まれ。北京師範大講師だった88年に渡米し、民主化活動に参加。89年4月に帰国し、天安門広場でハンストを決行して「天安門広場の四君子」の一人に数えられた。天安門事件後に拘束されたが、釈放後も中国で言論活動を続けた。

 10年2月には国家政権転覆扇動罪で懲役11年の刑が確定。同年のノーベル平和賞は獄中での受賞になり、授賞式にも出席できなかった。授賞式では「私自身が中国で続いてきた『文字獄(言論弾圧)』の最後の犠牲者となることを望む」との劉氏の文章が代読された。

 中国司法当局によると、劉氏は5月31日の定期健康診断で異常が見つかり、その後、肝臓がんの全身転移が確認された。6月末には遼寧省錦州の刑務所から瀋陽の病院に移送し、8人の専門医が適切に治療していたと主張している。

 だが、ドイツやフランス、米国などは直前まで劉氏の出国を求め、病状が重く出国できないとする中国当局と交渉を続けた。中国側が受け入れ、劉氏を診察した米独の医師は9日、連名の声明で、出国可能とする見解を表明していた。

 劉氏の支援者によると、妻の劉霞さんの抑うつ状態が悪化したため、一貫して中国にとどまり、民主化を訴えてきた劉氏も夫婦での出国に同意していた。劉氏の出国希望が伝えられると、7月1日に返還20周年を迎えた香港では、中国の民主化を求めるデモ行進などで劉氏釈放が叫ばれた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
  2. 安倍政権 国会無視「沈黙の解散」質疑ゼロなら戦後初
  3. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
  4. 東芝 金額は合計2兆円 「日米韓連合」に半導体売却へ
  5. ツイッター アカウント凍結 本人に理由示さず 疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]