特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨

流木20万トン超 復興の足かせになる恐れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡県は13日、九州北部豪雨により朝倉市と東峰(とうほう)村に流れ出た倒木が20万トン(36万立方メートル)以上になるとの推計を発表した。

 8日撮影の航空写真から白木谷(しらきだに)川や寒水(そうず)川など被害が大きかった10河川の流木の量を推計した。その結果、東京ドームの容積の3分の1に相当する…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集