社保費

1300億円削減へ 薬価下げなどで圧縮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018年度の社会保障費自然増抑制のイメージ
2018年度の社会保障費自然増抑制のイメージ

 政府は、2018年度の社会保障費を1300億円削減する検討に入った。高齢化などに伴う自然増が6300億円に上る見通しで、政府目標の「自然増5000億円」を超える部分を抑制する。政府は、薬価引き下げなどで18年度の診療報酬改定をマイナスとし、削減分の大半を賄う考えだ。

 政府は15年6月に、16~18年度の自然増を計1兆5000億円に抑える「目安」を閣議決定。各年度で5000億円に抑えるため、16年度は診療報酬改定で1700億円削減。17年度は、医療・介護保険制度改…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集