メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界水泳

シンクロ「中露の牙城崩したい」 14日開幕

 【ブダペスト(ハンガリー)村上正】水泳の世界選手権は14日、当地で開幕する。前半はシンクロナイズドスイミングと飛び込み、男女の水球1次リーグ、オープンウオーターが行われる。競泳は23日から始まる。

 シンクロは昨夏のリオデジャネイロ五輪でデュエットとチームで銅メダル2個を獲得した。井村雅代ヘッドコーチは「全種目でメダルを目指すのは当然。そのなかでどの種目でもいいので、(ロシアと中国の)牙城を崩し、攻める姿勢を示したい」と、五輪で2種目ともに大差を付けられた2強へ挑む。世界選手権は五輪と異なり、テクニカルルーティン(TR)とフリールーティン(FR)それぞれにメダルが懸かる。

 五輪翌年は各国、互いの出方を意識しけん制しあうが、日本は積極的な演技で「世界3位」に定着することな…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

  5. 税金そして国家の「私物化」 桜を見る会何が問題か 前編

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです