メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意
世界水泳

シンクロ「中露の牙城崩したい」 14日開幕

 【ブダペスト(ハンガリー)村上正】水泳の世界選手権は14日、当地で開幕する。前半はシンクロナイズドスイミングと飛び込み、男女の水球1次リーグ、オープンウオーターが行われる。競泳は23日から始まる。

 シンクロは昨夏のリオデジャネイロ五輪でデュエットとチームで銅メダル2個を獲得した。井村雅代ヘッドコーチは「全種目でメダルを目指すのは当然。そのなかでどの種目でもいいので、(ロシアと中国の)牙城を崩し、攻める姿勢を示したい」と、五輪で2種目ともに大差を付けられた2強へ挑む。世界選手権は五輪と異なり、テクニカルルーティン(TR)とフリールーティン(FR)それぞれにメダルが懸かる。

 五輪翌年は各国、互いの出方を意識しけん制しあうが、日本は積極的な演技で「世界3位」に定着することなくさらに存在感を高められれば、残り3年となる2020年東京五輪につながっていく。7種目に出場予定の主将・乾友紀子(井村シンクロク)は「日本はメダルをとって当たり前の位置にきている。その先を目指していきたい」と高みを目指す。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです