メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

名城・近大ヘッドコーチ、アマ試合出入り禁止

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級元王者の名城信男・近大ボクシング部ヘッドコーチ(35)が日本ボクシング連盟によりアマチュアの試合会場に出入り禁止となっていることが13日、分かった。

     山根明・同連盟会長が明らかにした。山根会長によると、名城ヘッドコーチは昨年10月の岩手国体の試合会場で、連盟登録をしていないにもかかわらず、連盟登録のIDカードを付けた選手・指導者・役員しか入れないアップ場に他人のIDカードを使って入室。近大の選手のミット打ちの相手などをしていたという。山根会長は「明確なルール違反で問題のある行為。大学で指導するのは構わないが、日本連盟の試合会場には出入り禁止とし、大学側も了承した」と説明している。

     名城ヘッドコーチは近大を中退してプロ転向し、2006年と08年に同級王座を獲得。14年4月に近大ヘッドコーチに就任した。【来住哲司】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
    2. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
    3. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
    4. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    5. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]