剣崎桃

収穫、高崎で本格化 小さいが強い甘み /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本の桃のルーツとされる「天津」を収穫する秋本克彦さん=高崎市若田町で
日本の桃のルーツとされる「天津」を収穫する秋本克彦さん=高崎市若田町で

 高崎市八幡町などで栽培されている「剣崎桃」の収穫が本格化している。八幡霊園前で直売所を開く秋本農園(秋本克彦代表)では14日午前6時前から作業を始め、白鳳、白桃、天津などを約600個収穫した。今年は6月に雨が少なく、早生種の実が小さめだが、その分甘みが強いという。8月下旬まで品種が変わりながら収穫…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

あわせて読みたい

注目の特集