メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新日ノ御埼灯台

17日公開 倒壊の危険、120メートル移築し初 日高 /和歌山

新築移転後に初めて一般開放される日ノ御埼の新灯台=和歌山県日高町阿尾で、山本芳博撮影

 紀伊水道に沈む夕日が望めるスポットとして知られる紀伊半島最西端の日ノ御埼(ひのみさき)に新設された日ノ御埼灯台(高さ約17メートル)の一般公開が17日、日高町阿尾の現地で開かれる。入場無料。

 約120年前の明治期に美浜町三尾に建てられたが、一帯の地滑りで倒壊の危険性が高まったため約120メートル西…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです