メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新日ノ御埼灯台

17日公開 倒壊の危険、120メートル移築し初 日高 /和歌山

新築移転後に初めて一般開放される日ノ御埼の新灯台=和歌山県日高町阿尾で、山本芳博撮影

 紀伊水道に沈む夕日が望めるスポットとして知られる紀伊半島最西端の日ノ御埼(ひのみさき)に新設された日ノ御埼灯台(高さ約17メートル)の一般公開が17日、日高町阿尾の現地で開かれる。入場無料。

 約120年前の明治期に美浜町三尾に建てられたが、一帯の地滑りで倒壊の危険性が高まったため約120メートル西…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 児童虐待 目黒5歳児死亡 親権に「懲戒権」は不要だ 「子どもは親の所有物ではない」
  5. はやぶさ2 リュウグウに130mの大岩 小惑星本格観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]