メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新日ノ御埼灯台

17日公開 倒壊の危険、120メートル移築し初 日高 /和歌山

新築移転後に初めて一般開放される日ノ御埼の新灯台=和歌山県日高町阿尾で、山本芳博撮影

 紀伊水道に沈む夕日が望めるスポットとして知られる紀伊半島最西端の日ノ御埼(ひのみさき)に新設された日ノ御埼灯台(高さ約17メートル)の一般公開が17日、日高町阿尾の現地で開かれる。入場無料。

 約120年前の明治期に美浜町三尾に建てられたが、一帯の地滑りで倒壊の危険性が高まったため約120メートル西…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]