メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

南方熊楠記念館 白浜町で粘菌教室 /和歌山

枯れた枝や落ち葉の周囲にいる粘菌を探す参加者=和歌山県白浜町の番所山公園で、藤田宰司撮影

「宝探し」の感動味わう

 アメーバのように動き回ってバクテリアを食べ、キノコのような姿に変化して胞子をつくるなど、動物とも植物とも異なる独特の生態の「粘菌」。南方熊楠が熱心に研究したこの不思議な生物を採取して観察する「粘菌教室」が9日、白浜町の南方熊楠記念館や番所山公園であった。

 熊楠の功績や記念館の周囲に広がる番所山公園の自然に関心を持ってもらおうと、記念館が十数年前から開いている学習会。約20人がバケツやピンセット、ルーペなどを持ち、和歌山信愛女子短大講師の山東英幸さん、県立自然博物館学芸員の川上新一さんらと一緒に番所山公園を歩き、朽ちた枝や枯れ葉、立木の幹や葉っぱの表面を目をこらして探した。

 梅雨から夏の間は観察に適しているというものの、粘菌の大きさは数ミリ程度で、カビやキノコなどと見分け…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです