メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島の発言2017

原爆残り火を広島まで自転車で運んだ 本岡晃浩さん /広島

長崎から原爆残り火を広島まで自転車で運び、原爆ドーム前で笑顔を見せる本岡晃浩さん=広島市中区で、小山美砂撮影

火の熱、人々に戦争の実感 本岡晃浩さん(30)

 72年前に広島に投下された原爆の残り火とされ、福岡県八女市で今も燃え続ける「平和の灯」を各地を回りながら自転車で運ぶNPO「アースキャラバン」(京都市)が主催するピースサイクリングに初めて参加。長崎市から広島市までの約420キロを7日間かけて巡った。

 火は、原爆投下後の広島に、叔父を探しに来た元兵士が遺骨の代わりに焦土から採取したとされる。元兵士は当初、叔父ら大勢の人の命を奪った米軍への恨みから火を自宅の仏壇などにともしていたが、憎しみを乗り越え、希望のともしびにしたという。

 「つらい、苦しい、といった気持ちを変えていった元兵士の思いに胸を打たれました。サイクリング中に出会…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです