メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

「チバニアン」の効用=青野由利

 <do-ki>

 普段なら「地層? 地味でぱっとしないね」という声が聞こえてくるのだが、この話は人々の反応がいい。

 地球46億年の歴史の一時代に千葉県の地層にちなんだ「チバニアン(千葉時代)」という名前がつくかもしれない、というあの話だ。

 恐竜が地上を闊歩(かっぽ)した「ジュラ紀」や、ドーバー海峡の岸壁にちなむ「白亜紀」の仲間入り、と思うと親近感がわくが、それだけではない。

 この時代と前の時代の境界を象徴するのが「地磁気逆転」。90年ほど前に日本の研究者が初めて提唱した不思議な現象で、地球を大きな磁石にたとえるとN極とS極が何度も入れ替わってきた。最後の逆転は約77万年前。その痕跡がよくわかる地層が千葉県の養老川岸に露出している、というのが話の発端だ。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです