連載

危機の真相

2012年4月から続く浜矩子同志社大教授のコラム。国際経済の動きを鋭い視点で読み解きます。毎月1回第3土曜日更新。

連載一覧

危機の真相

労働者を脅かす三つの怪奇 柔軟な働き方は受難の入り口=浜矩子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相と「高度プロフェッショナル制度」について会談した後、記者の質問に答える連合の神津里季生会長(中央)=首相官邸で13日、宮武祐希撮影
安倍晋三首相と「高度プロフェッショナル制度」について会談した後、記者の質問に答える連合の神津里季生会長(中央)=首相官邸で13日、宮武祐希撮影

 大学での筆者の担当科目に「グローバル時代をどう読むか」というのがある。正式科目名は「内外マクロ経済環境」になったが、上記を副題とすることで、目指すところを示そうとしている。

 今、我々はグローバル時代という時代を生きている。我々がこの時代をどう読み解くかによって、この時代の時代特性も変わってくる。我々は時代を生きる者たちであると同時に、時代をつくる者たちでもある。この認識を学生さんたちと共有したいと考えている。

 このような発想で臨んでいるから、授業で取り上げるテーマは年々、変化している。むろん、どうしても押さえておかなければいけないテーマはある。だが、時代を読むためには、変転する時代風景に密着して、授業風景もまた、時々刻々変化する必要がある。

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2061文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集