九州新幹線

長崎ルート 25年度全面開業、絶望的 FGT試験見送り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国土交通省は14日、九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)に導入を予定しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の耐久走行試験について、目標としていた今夏の試験再開を見送る方針を明らかにした。試験車両の部品に不具合が見つかり、部品の改良と検証に年単位の時間がかかるという。国は新幹線と在来線の両方を走れるFGT導入による2025年度の長崎ルート全面開業を目指しているが、絶望的になった。

 与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)の検討委員会は今月25日にJR九州、28日に長崎、佐賀両県の意見を聴取し、3者の意向も踏まえた上で、8月中にも長崎ルートの整備方針について結論を出す。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文698文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集