メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

毎日ユニバーサル委員会 第2回座談会 障害があっても、競技場で見たい(その2止)

桜井俊氏

 

五輪・パラから国民的合意へ 桜井さん/空港施設も業界でルールを 河本さん/会場アクセスの配慮も必要 鈴木さん

 小松主筆 バリアフリー法を改正するのが手っ取り早い気がします。そういう機運はないのですか。

 川内委員 そう簡単ではありません。簡単に変わるのであればもうとっくに変わっています。言葉は悪いが「抵抗勢力」というか、例えばバリアフリーを整備すれば運賃が上がってしまうという懸念で反対する人も少なからずいます。

 桜井委員 一般論として、「○○基本法」というのは議員立法が多く、具体的な権利義務関係がほとんど発生しないケースが多い。今、議論になっているのはいわゆる「規制法」です。規制される側の利害が当然出てくるわけで、「正しいからこうするんだ」だけでは、なかなか前に進まないと思う。メディアの取り組みも含めて、「当然規制されるんだ」という環境にまでもっていく努力が必要になると思います。

この記事は有料記事です。

残り2479文字(全文2875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです