メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長部日出雄の映画と私の昭和

「ひまわり」(イタリア、フランス、ソ連・1970年)

ひまわり畑を通り抜けるソフィア・ローレン演じるジョバンナ。ウクライナ大使館によると、ひまわり畑のシーンは、ウクライナ(当時はソ連の共和国)の首都キエフから南に約500キロのヘルソン州で撮影されたという。ブルーレイ(KADOKAWA、5184円)とDVD(エスピーオー、3024円)が発売中。発売元はともにIMAGICA TV

犠牲者に国境はない

 東京でやっていたフリーライターや映画評論などの仕事を一切やめて、津軽を舞台に小説を書こうと、1970(昭和45)年の初頭に私は郷里の青森県弘前市に帰り、町外れの小さな借家で暮らし始めた。

 津軽中を取材で歩き回る合間に、問題作の上映館へ行くと、大体がらがらに空(す)いているのに愕然(がくぜん)とした。わが国の映画館入場者数が3億人台を割って戦後最低にまで減少したことは知っていたが、前年は試写室に通って実感がともなっていなかったので、映画衰退の現状を目の当たりにしてうそ寒い気持ちに駆られずにはいられなかった。

 だがこの年の秋、空席の多い館内で映画全盛時代にも見たことがなかったほど豊潤な充実感に満ちた作品に出合う。ヴィットリオ・デ・シーカ監督、マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン主演の伊・仏・ソ連合作映画「ひまわり」だ。その制作陣の顔ぶれがいかに豪華か、約半世紀前の映画だから知らない人もいると思うので簡単に説明すれば、監督のデ・シーカは「靴みがき」や「自転車泥棒」など、敗戦直後の焼け跡を舞台に…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです