メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

1日雨量1000ミリ超 福岡・朝倉付近「極めてまれ」 気象庁が解析

がんばろう九州

 5日から福岡、大分両県を襲った九州北部豪雨で、甚大な被害が出た福岡県朝倉市付近の6日午前0時までの24時間雨量が約1000ミリに達していたことが、気象庁の解析で分かった。多数の犠牲者が出ている同市の杷木(はき)地区など市南部に雨が集中していた。3時間の解析雨量も約400ミリで、2014年の広島土砂災害(約250ミリ)や、15年の関東・東北豪雨(約200ミリ)を大幅に上回り、記録的な大雨が短時間に集中して降ったことがうかがえる。【蓬田正志】

 気象庁は全国約1300カ所に設置しているアメダスで雨量を実測している。一方、雨量計がない場所も含め…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文632文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]