メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広告

「言い訳」気づかず97% 消費者庁「法令違反の恐れ」

動画広告のサンプル。「4割引き」の宣伝から画面が切り替わると、右下に小さな文字で「20000円以上の商品に限ります」と打ち消し表示が現れる=消費者庁提供

 企業が広告で商品の効果や安さを強調する際、例外や条件を示す注意書き(打ち消し表示)が消費者が見落とすほど小さかったり内容を理解できなかったりする例が多い。消費者庁は14日、こうしたケースは景品表示法違反で処分の対象になる可能性が高いとの見解を公表し、企業側に表示の改善を求めていく方針を示した。実在の広告に近いサンプルで調べたところ、最大97・6%の消費者が注意書きを見落としていた。

 消費者庁は昨年10月~今年3月、新聞やテレビ、インターネットなど各媒体の広告約500点の打ち消し表…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. トランプ氏再選なら安倍首相も4選を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです