宍道湖自然館

「シラウオ2世」展示 全国初 島根

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ゴビウスで展示の始まったシラウオの稚魚たち=島根県出雲市園町の宍道湖自然館ゴビウスで、長宗拓弥撮影
ゴビウスで展示の始まったシラウオの稚魚たち=島根県出雲市園町の宍道湖自然館ゴビウスで、長宗拓弥撮影

 全国の水族館で初めてシラウオの1年間継続展示に成功した宍道湖自然館「ゴビウス」(島根県出雲市園町)が、昨シーズンのシラウオを親にして人工繁殖させた「シラウオ2世」を展示している。2世の展示も全国初。同館は「稚魚たちの成長の過程を見に来てもらいたい」と2年連続の通年展示達成を目指す。

 シラウオは汽水域の宍道湖に生息する代表的な魚。エントランスの水槽に、約3…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

ニュース特集