メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑

「牛もバテ気味」牛舎に扇風機 北海道

暑さ対策で天井に大型の扇風機を設置した牛舎=北海道津別町で2017年7月13日、本多竹志撮影

 北海道内は14日、7月としては20年ぶりとなる10日連続の真夏日を記録するなど、厳しい暑さが続く。オホーツク地方の酪農家は暑さに弱い牛のため、牛舎に扇風機などを設置。猛暑対策に追われている。

 オホーツク地方は昨夏、日射病などで肉牛を含め15頭が死ぬか廃用となった。飼料を胃の中で発酵させる牛は暑さに弱く、気温25度を超えると体調管理に注意が必要という。

 網走家畜保健衛生所は今月、家畜の日射病に注意を呼びかけるチラシを関係機関に配布。遮光ネット、通風など対策を呼びかけた。奥村利盛次長は「暑さがピークを過ぎても、ストレスを抱えた牛は注意が必要。しばらくは警戒してほしい」。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです